--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シネコンウォーカー6月号

2011年06月10日 15:41

あ ・ し ・ く ・ び 

・・・萌えぇぇ(*´Д`*)ぇぇ


今日は朝から昼過ぎにかけて仁さん激ツイ☆
しかもミサンガ付き足首の画像付きという
大悶絶のご褒美wを投下してくれましたぁぁん♪
うれし~い♪ しあわせ~♪


さてさて☆水曜日にGETしてきた
シネコンウォーカーについて書きまっす☆


-------------------------------------

これもやはり【T.】【TOHOシネマズマガジン】と
同時取材と思われますが、記者さんが違うんですね☆

また、ちょっと新鮮な印象を受けたところを
ピックアップしてみますね~♪♪
オーディションを受けた時も、
役のセリフのところだけ渡されたんで、
どんな話かもわかってなかったんですよ。
しかも最初は違う役で受けてたし。
主税は16歳の設定だったから、
まさかオレがやることになるとは思わなかったですね。
もう6回くらい台本が変わってわけがわかんないから、
あんまり読まないようにしてますよ(笑)。


ふむふむ「役のセリフのところだけ」かぁ・・・
で、やっぱ最初は違う役で受けてたんですね☆
言い方は悪いですが、元々はもっと
“その他大勢”的な志士の役を
受けに行ったんじゃないでしょうかね

ところがところが(笑)
採用する側の想定以上の人材(=仁さん)が現れた!
で、、、主税をキアヌと仲良しの設定にして
仁さんを抜擢した・・・なーんて、勝手に想像してます☆
いつか監督やプロデューサーから
本当の裏話を聞いてみたいですね♪


キアヌが演じてるカイは“はぐれ者”で
みんなに嫌われてるんだけど、
若い主税だけは仲がいい。
だからキアヌと一緒のシーンが多いですね。
よく、日本語でどう言うんだって聞いてきたりしますよ。
この映画で日本語をしゃべるシーンはないんだけど(笑)。


日本語をしゃべるシーンがない・・・ってことは
やっぱ仁さんの英語力が認められたのもあって
今回キャスティングされたんだろうな~
モチロン隠しても隠しきれない
輝きとオーラもあるからこそだろうけど☆


日本への電話も通じないから、本当に寝られなかったですね。
最悪な気分だったから、映画どころじゃなくて、
降りようかとも思ったんですよ。
でも、海外から見てると、みんな国を出るぐらいの勢いかと
思ってたら、日本にいる人たちは思った以上にポジティブだった。
だからオレも続けようと思えましたね。


海外からの視点。。。
そうだよね、、、本当に未曾有の震災だった
まだ傷は癒えてないけど
みんなが前を向いているのは確か

ってかほんと良かったわ~☆仁さんが降りなくてww
仁さんの活躍は心の支えだもん
大好きな人が夢を叶えていくのを
遠くからでも見守れることほど
幸せなことはない☆


そんな感じで☆ではでは(〃 ̄ω ̄)ノ




ジャニーズブログランキング参加中
いつも応援ありがとうございます


ジャニーズブログランキング

⇒WEB拍手
いつもありがとうございます☆☆☆


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。