FC2ブログ

『T.』 2009.WINTER No.8

2009年12月20日 02:46

とにかく素晴らしいです

BANDAGEを取り上げてくれた映画誌は
どれもみんなクオリティが高くて素敵でしたが
今日また、宝物がひとつ増えました

仁が“ナツとは別の架空のロックミュージシャン”を
演じたという写真たちに完全にノックアウトされました!
ホントに、、、こんな撮られ方が出来ちゃうなんて。。。
表紙の写真でまず感嘆のため息が溢れちゃった
この高貴でなおかつワイルドな色気はヤバイでしょ!

モノクロの見開き
サングラスをかけてギターを爪弾く姿
この強いオーラの前では言葉を失ってしまう

次のページをめくると鮮やかな“”が
眼に飛び込んでくる
ギターを抱えてソファーに寝そべる仁は
まさにロックスターの貫録を滲ませて・・・

あぁ。。。
でもやはりモノクロの威力はスゴイ☆
光と影のバランス、、見下ろすような仁の表情
何分でも見つめていられるほどの存在感

さらにページを繰ると現れる
眼を閉じた仁の三態にエクスタシー
今回、この見開きがイチバン好きかもしれない

顔にかかる髪がなんとも艶っぽい
クチビルの開き加減も絶妙だし
ギターと、それを持つ手の表情まで
全部、、、全てが悩ましく愛しい

左ページの顔を仰け反らせたショットの
顎から首筋のライン、そして身体のライン
タンクトップの皺にいたるまで
本当に見事です

次ページ見開きの寝そべりJIN は
まるでギターと添い寝しているような雰囲気

そういえば、、以前まだ仁が10代の頃に
$誌でギターを恋人に見立てたグラビアを
撮ってたことがあったっけ。。。
(確かセルフプロデュースだった気がする)

あの頃の華奢な仁も可愛かったけど
年齢を重ねて今の仁が魅せるこのカットは
リアルで生々しく、美しい
挑むような 誘うような強い眼もたまらない


・・・あぁぁ

このカメラマンさんに仁の写真集を撮って貰いたいなぁ!
今回のこの『T.』自体も写真集みたいな感じですがw
もっと他のシチュエーションの仁も見てみたいし
何よりこのカメラマンさん、仁と相性よさそうなんだもん☆

で、こっち方面 疎いワタシは
クレジット見てお名前を検索してみましたよ♪

Leslie Keeさん☆
シンガポール生まれのフォトグラファーで
浜崎さんのCDジャケットや倖田さんの写真集なんかも
手掛けてらっしゃるそうで~
これは『赤西 仁』としての写真集を是非にっ!

で、、、カメラマンさんの腕も然ることながら
仁の“撮られ方”もスゴイと思うんですよ
特に今回の“架空のロックミュージシャン”のような
ある設定を与えられると
底なしに魅力的な表情を魅せてくれる

演じる仁は 映像も素晴らしいけど
瞬間勝負の写真も最高品質で魅せることが出来てしまう

いや~ほんと、、、
凄い可能性を持った表現者ですよ、仁は!




・・・あぁ、、もう26時半になっちまったぜぃ(´Д`;;)

テキストについてはまた後で追記します。
いつもこんな事いってて(しかも有言不実行で)
本当に申し訳ありませんm(_ _)m

ってかもう12月20日だなんて信じられない(茫然)
年賀状なんか全く手付かずだしー!!
仁事追いかけるのに精いっぱいの年末は
ウレシイ楽しい、、忙しい・・・ですねwww
でもシアワセ~

でわでわ~



ジャニーズブログランキング参加中
いつも応援ありがとうございます


ジャニーズブログランキング

⇒WEB拍手
いつもありがとうございます☆☆☆





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)