--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕らの音楽と友情【オリ★スタ12/7号】追記しました

2009年12月01日 02:32

アマゾンでも予約受付開始~☆
送料無料になるのでおススメ(*・∀-)☆


【新星堂】 LANDS / Olympus
-----------------------------------------------------

LANDSアルバムうれしいっすね~♪♪
気の早い話ですが、映画のDVDリリースの暁には
ゼヒ、LAST LIVEをノーカットでDVDにして
特典にしてくださいっ!!
ふんがーーっ!!
今から何もかもが楽しみ過ぎてちょっとチビるwww

さてー☆雑誌祭りがドンドコ続くので
ちょっとでも書けるときに書けることを
書いておこう・・・ってことで。。

遅ればせな『オリ★スタ』ぷち感想いきまーす(@∇@)b

拍手米でも頂きましたがwww
P.20囲み記事『オリスタとの思い出』が もぉ("▽"*)!

仁「印象に残っている撮影は、トランプしたこと」

それはカメたんとの“スピード”対決ではありませんか!?
・・・むふふ。。。(* ̄m ̄*)
これがイチバン印象に残ってるってーのは
アレですよ、やっぱ“愛”ですよwww

つかやっぱ仁亀は別格っすね~(今さらw)
ここんとこコバタケさんとの2ショを見慣れて来てて
わんこな仁さんにキュンキュンしまくりでしたけども
亀ちゃんの隣にいる仁は
言葉では言い尽せないスペシャル“何か”を
醸し出してる感じ
くーーっ!! たまらんねぇぇ!!


コバタケさんとの対談も
興味深いコトてんこ盛り~

小林さん曰く、仁は「面白いことが大好きで
アクティブだけど、繊細だし軽くない。」とのこと。
“肉体感がある”って表現も言い得て妙ですよね☆
あ・・・実際、女性誌的な意味でも、物理的な意味でも(笑)
仁さんは“肉体感”がありますよねwww
で、そこが最高に魅力的なんだけど

ジューシーで生っぽくて定義できない魅力がある男。
うんうん♪♪ わっかるわぁぁ!!(←誰;)

ロス留学時のWSを小林さんが見ていて感じた
「コイツ、アウトしてるなぁ」はウケましたww
芸能マスコミの大人たちとは違う視点で
面白がってくれてた感じがウレシイなぁ・・・と、
親でもないのに感じましたww

やりたいようにやる。
それは他にやり方を知らないから。
我慢が必要なときもあるけど
根本的に自分が反応できないことを
やってもしょうがないって思っているから。

仁と自分は似ている・・・と仰ってたという小林さん。
似ているところがあるからこそ理解出来るんだろうね☆

映画の撮影でも。。。

その場の空気を大事にしたいから
セリフは覚えていかない。
一般的なアイドルの枠を超えても
その場の空気や台本から浮かんだviewにトライしてみる。

それが、仁のやり方。
監督によっては難色を示す人もいるだろうけど
小林さんは、仁の“やり方”を理解して
ニュアンスを伝え合いながら作っていった。
しかも、取材時にはこんなに適切な言葉で
それを解説してくれて(笑)
ホントに“良い出会い”だなぁ・・・と思います。

------------------------------------------
(追記)

主題歌『BANDAGE』について。

映画を撮る前に出来た曲。
私、この曲好きです。
正確には歌っている仁(=ナツ)込みで好きっていうか
聴けば聴くほど好きになっちゃった感じですね~
やっぱ仁の声のチカラには抗えない

いかに無邪気に一途に好きな音楽を追求できるかが
その人の才能を育てるか枯らすかの分かれ目なのかなと。


小林さんはそう言ったあと
「赤西もその無邪気さがあるよね。」と続ける。

自分が面白いと思うことには
とことん無邪気に突っ走れるし
そこにスピード感と機転がある。
しかも、その経験値をしっかり吸収できるボディがある。
ハードディスクがしっかりしているところが
赤西の“太さ”なのかもね。


褒められてばっかりでウソっぽく聞こえる?(笑)
でも、この辺りの小林さんの言葉には共感できるなぁ☆

対して仁が小林さんの才能について思うことは・・・

一緒に仕事してる役者が不安を感じずに
全面的にのっかれるってすごいことだと思う。
その人にしっかりした在り方とか度胸がないと
こっちも乗れない。


どんな立場で どんな仕事をしていても
芯にしっかりした核を持っている者同士っていうのは
共鳴し合えるものなのかもしれない。
・・・なんてことを思いました。

KAT-TUN東京ドームの打ち上げに
小林さんも行っていたというエピソードは
ちょっとテンション上がりましたね~

「意外に仲良いなって思ったけどね(笑)」
もうwwwコバタケさんってばヤキモチ~?みたいなww

小林さんの「赤西もここはここで大切にしているんだなぁ
っていうのが伝わってきたよ。」に対する
仁の「・・・‥はい(笑)」

ここ、いいっすよね~♪
仁のちょっとはにかんだような笑顔が目に浮かぶなぁ

グループでいることの良さもあるし
めんどくさい時もある。

だけど、ナツがLANDSをすごく大事に思ってるように
仁もKAT-TUNのことを心から大事に思っていて、
そのことは私たちファンにはごく自然で当たり前なことだけど、
それは小林さんが想像していた以上の
“強さ”だったんじゃないかなぁ・・・と思いました。
で、何となく軽くジェラシー感じてるようにもとれるのが
なんか微笑ましいwww

仁もそれを感じたのか、単に照れてしまったのか
「他に利点は?」と聞かれて
「・・・以上」と終わってしまうあたりwww

2人の出会いは自他共に認める
「良い出会い」だと私も思いますが、
仁が日頃、人間関係においても
仕事とプライベートをキッパリと分けて考えていて
でも、小林さんとの関係はそこを超えられた・・・って
自覚があるのがいいことだなぁと思いました。

この先も 仁が仁らしく“しなやかに”
前に進んで行ければいいなぁ

で、それをずっと見守り続けていきたいです☆


ジャニーズブログランキング参加中
いつも応援ありがとうございます


ジャニーズブログランキング

⇒WEB拍手
いつもありがとうございます☆☆☆




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。