--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛してるじゃまだ足りない

2009年06月19日 11:40

遅れてごみ~ん(´∀`)

たっちゃんキャワエエなぁぁぁ!!(悶絶)
ライブのたっちゃんも激キャワで倒れそうでしたが
遅れて更新されたマニュも相当可愛いことになってます♪♪

婚カツは来週最終回???
あたくし、実はドームオーラスの日に予約し忘れちゃって;
でも最終回前にこれまでのダイジェストとかやってくれるよね!

それと。。。

ツアーの方も是非
よろちくび


ぎゃははははっ!
「よろちくび」のリピートとかwww
はぁぁもぉ。。。(*´Д`)
可愛いったら可愛いったら可愛いったら・・・(エンドレス)



可愛いっていえば。。。こきたん匳載の“さくら”たん!
いやこれ反則だろっ!!(笑)
こきたんが食べてしまいたいのもブンブン頷けるわぁぁ♪♪
あたしも食べてしまいたひ。。。

草食男子の話、、相変わらずこきたん熱いねぇ!
ワタシは旧世代の女なんで(笑)
ガッツガツの肉食系男子の方が分かりやすくて好きだなw
つか自分が肉食女子なだけだったりしてーww

そういえば。。。

前にnon‐noで仁が「恋愛・結婚は肉食系、仕事は草食系」って
言った時にけっこう波紋あったなぁ。。と思いだした。
なんか結構ネガティブに受け取る人が多かったような気がするけど
私は全然そう思えなくてビックリしたのを覚えています。


今またnon‐no を引っ張り出して読んでみたけど
仁にとっては「仕事=お金を得ること」という認識がまずあって
そういう意味で“草食”って言ったんじゃないかと思うんだよね。

歌やダンスや演じることは、紛れもなく今の仁の仕事だけど
それを「お金を得る」ためだけにやってるのではなくて
あくまで好きだからやる・・・というスタンスは崩したくない。
っていうかそうじゃなきゃ良いものなんて魅せられない。

もちろんお金は必要なものだけど
「普通」に暮らせればじゅうぶん。
もし家族が出来れば、その大切な人たちを守るために
もう少しお金が必要になる。
そしたらその分を得るためにフィールドを広げられる。

non‐noで言っていたのはそういうことだと思うんだよね。
決して、自分の身近な人のためだけにしか歌えないし踊れない
・・・なーんて頑ななことを言ってるワケじゃなくて。


あくまで憶測だけど。。。
一時期、仁は自分のファンが何を求めているのか・・・が
分からなくなってしまったんじゃないかと思うんだ。

プライベートを切り売りすることや
ファンに対して疑似恋愛の対象になるような
“誤解”をさせることが『アイドルの仕事』なのだとしたら
それには自分は応えられない、、っていう悩みが
あったのかもしれない。

でも、今の仁には分かってる
私たちファンが求めているのは別のものだって。

何よりも仁の歌、ダンス、演じる姿に魅入られて
その表現に心を動かされ、癒されていること。
仁の笑顔と存在そのものが
何よりの喜びになっていること。

仁はそんな私たちの想いに
精一杯こたえようとしてくれてる
コンサートの仁を見たら
それを確信出来る

だから私は揺るがない。

いつも、いつでも、いつまでも
ここで仁を見守り続けます



ジャニーズブログランキング参加中
いつも応援ありがとうございます


ジャニーズブログランキング

⇒WEB拍手
いつもパチパチありがとうございます☆☆☆



コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. えり | URL | -

    こんにちは。初めて書かせていただきます。
    仁が、私たちファンが何を望んでいるのか一時期わからなくなったとの意見、そうだったのだと深く納得しました。
    一時の仁は今振り返ってみれば、そうとしか思えない言動でしたもんね。
    でも仁は私たちファンの所に帰ってきてくれた。
    自らの有り余る才能を発揮する場所がここだとわかったんですよね。そして私たちファンの本当に望んでいるものが何であるかも。
    今回のブログを読んでそのことがはっきりわかりました。本当にありがとうございます。
    またのぞかせていただきますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。