--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の生きてゆく世界

2008年08月09日 02:14

オーラスに入れなかった心の傷が
まだズキズキ痛むハルカですけども~(´Д`;)

・・・なぁ~んてウソウソ(笑)

クヨクヨしてる間なんてないくらい
日常もヲタ事も忙しいっす☆
心配しないでね~~♪♪

まーとにかく日常に戻ったら
バッタバタ忙しい雑用のヤマで(苦笑)
オーラスの様子が流れたWS。。
今日(8日)ようやっと編集しました。
でも残量確保のために急いで編集したので
まだじっくり見れてないんです~(汗;)

でもPちゃんが登場して
「おまえら、元気ですか~!」のとこは笑った!
そんときの仁のHAPPYな笑顔にも癒された~♪

会見は短かったけど、なごやかで良いムードでしたね☆
J-WEBのレポで詳しく読んだら
中丸くんが面白いことになってて
またまた仁がフォローってか絡んでたみたいで♪
いや~ニヤニヤしちゃうな~~(* ̄m ̄*)

コンレポは日参さまで2~3件読んだのですが
僕街アカペラ部分、、またアレだったみたいですね;



『君といるこの場所』 の 『君』 には
観客の私たちだって含まれているのに
なぜ、仁の、KAT-TUNの、6人のメッセージを
静かに聴こうと思わないんだろう。。

仁が 『この場所』 を 『僕の生きてゆく世界』 だと
魂を込めて唄っているのに、なぜだろうね?

本当は、あの演出にそんな暑苦しい意味なんかなくて
今回のツアーのストーリーの一部なだけかもしれない。

でもそれが 『この場所』 に戻って来た仁の決意表明だって
受け取れるような演出なのもやっぱり否めないと思う。

だけどそれでも良い・・・って
それも全部引き受けるよって気持ちで
仁は唄ったと思うんだ。
マイクを通さずに、心と身体の奥から声を出して。

レポによれば、アカペラ後に5人で唄い始めて
亀ちゃんがソロ部分?を叫ぶように唄ったとか。

・・・なんか切ないなぁ。


でも、、、それ以外は最高に盛り上がって
最後までガッツリ☆オラオラで強い海賊っぷりだったとか♪♪

DVDが出るのを
めーーーーーーっちゃ楽しみにしてまっせー!!




そうそう、、

今回、コンサートパンフについて
まだ書けてなかったんだよね

写真もモチロン素晴らしかったけど
記事も内容濃くて感動!

特に私がググッと来たのは、仁の個人ページの
ただ、最初からそういう自由なスタイルを通せたわけではなかった

・・・から始まるセンテンス。

仁はずっと戦っていたんだ・・・と思った。

仁の留学・休業を「逃げ」だという声を
休業中に何度も聞いた。
でも、私は「戦い」だったと思うんだよね。
スタイルを貫くための戦い。

そして同時に、やりたいことを貫くからには
見えないところできちんと努力していろんなレベルを上げていって
ちゃんと自分たちのやり方に説得力を持たせないといけないなって
思いも強くなってきた


これが仁のプロ意識。
本気の赤西 仁は最強だよ!
向かうところ敵なし!!(笑)

6人がそれぞれ最高で最強☆
だから集まったときの破壊力はハンパない!
やっぱしKAT-TUNが最高で最強!!

うっわぁ~~書いててすんごいテンション上がった(笑)



明日のPOPEYEもイイ仕事してるみたいっすね~☆
未公開フォト?もリアルにラブジュじゅるるん・・・らしいっす(≧∇≦)

たーーのーーしーーみーーっ♪♪

■アマゾン ⇒ POPEYE 2008年 9月号



ではでは



ジャニーズブログランキング参加中
いつも応援ありがとうございます


ジャニーズブログランキング

⇒WEB拍手
いつもパチパチありがとうございます☆☆☆


コメント

  1. 藍 | URL | -

    おはようございます☆
    オーラス残念でしたね;
    でも娘さんの事を考えたら、ハルカさんの選択は正しかったはずです!

    仁ちゃんのアカペラはホントに悲しかったです。
    あの場で叫ぶ事が一番の邪魔(あえてそう書かせて頂きます)になる事が分からないんでしょうか。。
    ちなみにですが、亀が叫ぶように歌ってた…と言うのはわざとでした^^
    「しねぇーんだろ!!」と、デビュー魂でもやってた様な感じでしたよ♪
    そこは一応伝えておきますね。

  2. りっこ☆ | URL | -

    ハルカさん はじめまして。
    初めてコメントします。

    記事を読んで涙が出ました。
    仁が魂を込めて歌った僕街、私の胸にズシンと響きました。

    歌詞に込められた仁のメッセージが1人でも多くの人の胸に届いていますようにと、願わずにはいられません。


    仁のことを語るハルカさんの文章が大好きです。


    私も5才の女の子がいる、仁にはまりまくってる主婦です。
    またお邪魔させて下さいm(__)m

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. ユヲナ | URL | -

    ハルカさん、こんばんは。

    オーラス、私も参戦していたのですが・・・
    ほんっとうに、そこの部分だけが悔やまれてなりません。
    素晴らしいコンサートだっただけに、
    そのファンとつながるべき部分が1番の・・・・・
    ・・・・いえ、なんという言葉を使えばいいんでしょうかね。

    自ブログには、そこの部分には触れずの感想を書いてしまいました。
    書き始めたら、あの時の気持ちを包み隠さず書いてしまいそうで・・・
    あれは、本当に、悲しかったです。
    どういう気持ちで、叫んでいるのか分かりません。

    あんなに体を折り曲げて、、息も絶え絶えに、
    それでも、聴かせようとしてくれてるのに・・・
    「頑張って」ってなんて、ましてや名前を呼ぶなんて、
    頑張ってる人に言う必要のない言葉、
    今、言うべき言葉じゃない言葉。
    仁の耳には、どんな声となって届いたんでしょう・・・
    聴いてあげてほしかった。。

    叫べば、周りが注意する。それが肥大する。
    本当に、悲しくてさびしくて、腹立たしかったです。。

    そのあと、亀ちゃんが「しねぇーんだろっ!」
    って叫んだのは、前コン同様演出だったのでしょう・・・
    それでも・・・あの叫びに、よく言ってくれた。と救われ、
    そして・・・・ごめんね。と謝ってしまいました。

    感動の涙ではなく、怒りの涙が胸で流れ続けました。
    6人になるため、あとから出てきた仁が僕街を歌い、
    シグナルを綺麗に踊ってるのを見て、、
    「見てよ・・・この人を」と、またとまりそうにありませんでした。

    ハルカさん、コメントで長々と、申し訳ありませんでした。

    私は、パンフの仁の言葉を東京D前に読んだんです。
    より一層泣けました。
    本当に仁・・・そしてKAT-TUNは素敵だ。と。

    あー本っ当に、つらかったです。

    では、今度はこんな内容じゃなく、コメントしにきますね^^
    すみませんでした。

  5. ハルカ@管理人 | URL | MDo56pwE

    ☆コメントありがとうございました☆

    ☆藍さん、りっこ☆さん、仁実☆さん、ユヲナさん☆

    レスの内容が重複しそうなので
    まとめてのレスで失礼いたしますm(_ _)m

    僕街のアカペラ。。。
    DVDでは邪魔な声が消してあってホッとしました。
    自分が入れた日、会場で聞いた仁の生声でも
    充分過ぎるくらい全身がシビれたけど
    DVDで、滴り落ちる汗もそのままに
    魂込めて唄う仁の表情をアップで見ることが出来て
    また感激の涙が出てきました。

    あの場面で名前を呼んだり「頑張って」と声をかける人は
    自己顕示欲を愛情と勘違いしてるんでしょうか;
    仁がファンに対して、ガッカリしてなければいいのですが。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。