--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白と黒 【With 1月号】

2007年12月01日 02:08

白の自分、黒の自分 赤西 仁

まるで別人のような白の仁と黒の仁。
いや・・・「別人」と言ってしまうのは少し乱暴だな。

ただ眼に力を込めただけ?
クチビルが僅かに開いているかどうかの違い?

・・・そんな単純なことじゃない。

ふんわり優しく包み込むような微笑の白の仁。
今にもおしゃべりを始めそうなクチビル。
どんなに辛いことがあっても
こんな穏やかな空気を紡ぐ仁と一緒にいられたら
何だって乗り越えて行けそう。。。

対して黒の仁。
真っ直ぐにこちらを見据える眼の力の強さ。
引き締まった意志の強そうな口元。
その強い眼力に圧倒されるけど
瞳の奥に宿る優しさはそのまんまで。
仁の強さは優しさが根本にあるんだと思う。
だからきっと強くなれるんだ。。

それにしても。。。
この見開きページの2枚の仁の写真。
いくら見続けても飽きないので困る(笑)

今はやっぱり白の仁の表情が好きだな。
うん。。。好き。。。

何からも逃げない。
全てを包み込むような穏やかで大きな心。
やっぱりこの男が愛しくてたまらない。。。

ページをめくると、Q&Aを回りにちりばめた
それぞれ白と黒の服を纏った仁がいた。

右ページは、黒い服にバックのカラーも黒。
なのに 優しく柔らかな透明感のある「抜けた」表情。
衿にファーの付いたレザージャケットは
優しさとワイルドさの両方を兼ね備えた仁に良く似合う。

対して左ページの仁は白のトレンチでクールに決めてる。
優しいだけじゃない、強くて真っ直ぐな折れない「白」。。

今回の [With] とは全く関係ないけど・・・もう1色。
私は個人的に赤の仁にもヤられてる。
仁は時折、情熱的で野生的な荒々しさも見せてくれる。
ダイレクトにエロティックな刺激をくれる「赤」の仁。
・・・ね? 貴女もヤられてるでしょ?(笑)



Q&Aからピックアップ☆

Q.「白」「黒」からイメージするものは?
A.白は・・・純粋。黒は引き締まる。
  黒はとんがってて、白は柔らかい。


この認識が、撮られるときの表情に表れてるのかな・・・なんて思ったり。


純粋さや悪さを感じる瞬間は常々あるので
どちらも自分の中にあるものだと思います。
あ、でも僕、思ったことは自分の中にためこまずに
ハッキリ言葉にしちゃうんで、
そういう意味での腹黒さっていうんですか?
それはない(キッパリ)。


とても深く考えて真摯に答えてるのが印象的。
対照的な色んな面を持っているから魅力的なんだけど
「裏表」は無いもんね。
たっちゃんが良く取り上げてくれる、仁の愛すべき面。


優しくありたいとか、強くありたいとか、
いま質問されるまで考えたことなかったですね。


それはそうだよ。
仁はそういうことを意識しない人だと思う。
それに「優しさ」は、仁の根っこにある必然的で普遍的なもの。
だから揺るがない強さも持っている。

Q.清楚でピュアな女のコ、セクシーで小悪魔な女のコ、
  どっちが好き?
A.うーん、性格によるから・・・・・。
  でもやっぱり純粋なコかな。
  振り回されるのはちょっと厳しい。

  
仁の中で「小悪魔=振り回される」という方程式があるのに萌え~(笑)
相手が小悪魔だって振り回されなきゃいいじゃんね~(にやにや)
でも振り回されちゃうんだろうね、、仁は("▽"*)b

まー、そんな仁だから私たち仁ファンは
さらにブンブン振り回されちゃうワケで(笑)
それがすこぶる快感なワケで!


恋をしているほうが充実感がある、人生に。


恋する男、赤西 仁・・・ってね♪♪

ドM見守り系ファンのあたくしとしては
仁が 今しか出来ない素敵な恋愛をいっぱいして
充実してるな~って実感してくれれば
それでいいなーと思います☆

「物事の決断は早いほう?」という質問への答えが深い。
っていうか、仁の答えは
ほとんど自分の留学・休業について言っているように感じる。

決めたら後悔はしない。後からウダウダ言ったりはしないです。
自分の信じた道を進むことによって
周りの人とすれ違いが起きることもあるけど、それはもう仕方がない。
大事なのは、その後、自分がどう行動するかだと思う。


いま。。。
いま現在、見せてもらってるよ。
仁の頑張りを。
仁の心意気を。


大人は全部自分で「責任」をとる。
仁の認識は正しいと思う。
いろんな切り口があると思うけど
自分で責任がとれない大人が多い世の中だからね。。
私自身も耳が痛い部分もある;
少しだけね(苦笑)


重要度で言うなら、プライベートのほうが重要。


・・・またまた誤解される言葉の選び方ですね;
まー仁は誤解されることを怖れてなんかいないと思うけど。

「仕事は プライベートのためにするもの」を
「仕事は 自分の内面の充実と家族のためにするもの」
・・・と言い換えると、、、あら不思議(笑)
全然違和感なくなると思いませんか?
仁が言いたいのはそういうことだと思うんだけどな。

「プライベート」という言葉の捉え方のズレ。
これが仁と周囲の温度差の原因になってるような気がして。

でも実際、何のために仕事をするんだろう・・・って考えちゃうよね。
特に若いときはそう。
ウチのダンナなんかは「娘と住宅ローンのためだろ」って
ため息混じりに答えそう(笑)

『anego』で黒沢くんが言っていた
「ゆったりした時間の中で、今日するべきことをする」
仁が望んでいるのもそういうことなんじゃないかな。

でも、もちろん仕事自体も楽しいし
自分である程度仕事を調節できるようにもしているので
仕事がストレスになったりはしないです。


「表現」を仕事にする人は大変だと思う。
自分で納得の行く水準の仕事をするためのペースは人それぞれ、
千差万別で当たり前。
責任を持って仕事をするためにも、
自分で調節できる方が良いに決まってる。

仁は自分に甘くなんかないよ。
むしろ厳し過ぎて1歩引いてしまうところがあると思う。

でもさ、、
そんな仁を見続けることが出来て本当に良かったよね。
まだまだ熱は冷めません。
まだまだ酔いは醒めません。。






ジャニーズブログランキング参加中
いつも応援ありがとうございます


ジャニーズブログランキング

⇒WEB拍手
いつもパチパチありがとうございます☆☆☆



コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. ハルカ@管理人 | URL | MDo56pwE

    ☆コメントありがとうございます☆

    ☆雅さん☆

    コメント欄でははじめまして♪
    いつもWEB拍手ではお世話になってますm(__)m
    拍手コメも楽しみにしてるんですよ~☆
    エロエロ過ぎたり熱く語り過ぎたり・・・のブログですが
    感覚の近い方には共感していただけるみたいで 私も心強いです♪
    こちらにもまたゼヒ遊びにいらしてくださいね(*´▽`*)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。