--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンパンフ東京ドームVer.★淳之介篇

2007年09月15日 02:05

これは嵐の前の静けさ・・・ってやつ?(笑)

『有閑倶楽部』は10月16日放送開始♪♪
あと1ヶ月ですよん(*´▽`*)

制作発表とか撮影オフショットとか
そろそろじゃないっすか?
そもそもキャストの正式発表もまだっすよね;
いや~~ん待ち遠しいぃぃぃ!(←ウザくてすみません;)

------------------------

さて。。。
6月の東京ドームコンパンフレポですが。

7月13日の聖篇からまる2ヵ月間隔あいちゃいました(汗;)
ホント、今さら!!・・・って感じなんで
興味のある方だけ読んでくだされば。。。(滝汗;)


5人だろうと6人だろうと、目の前の仕事を一生懸命やるのは一緒でしょ。
まぁ、彼が戻ってきた時になるべく自然に元の状態になれるような環境を
用意しておこうって気持ちはあったけど
それ以外は本当に普通に、のほほ~んと過ごしてたよ(笑)


「『のほほ~ん』はお前だけだよ!」ってあたりに突っ込まれてそうな
じゅんのの言葉に思わず頬が弛む。
でも事情は全く違うとはいえ、一時的にグループとしての活動に参加出来なかった
経験を持つじゅんのの言葉は説得力がある。
敢えて明るい表現にしてるのも、痛みと孤独を知ってるからじゃないかな。


実際に半年経って無事にこうして戻ってきたし
復帰するにあたってグループ内での問題もなく
スムーズに話が進んだわけだし。
意外と本人たちは平和なもんだよ(笑)
もともとみんな、「何があっても大丈夫」ってポジティブな気持ちで
毎日を過ごしてるから、これくらいじゃびくともしないって!(笑)
今も赤西くん、俺の目の前で普通にみんなとふざけ合って遊んでるし(笑)


他メンのインタビューを読めば
「問題」は全くのゼロだったわけじゃないと思うけど
平和主義者のじゅんのにとっては 大したことじゃないんだろうね。
その心の大きさに救われる。きっと・・・も。。。


いろいろ迷惑をかけてしまったぶんは
今後の活動でお返ししていくつもりだから
ファンのみんなも俺らを信じてついてきてくれれば嬉しいなと思う。
それにその半年のあいだに、個人個人がいろんなジャンルで
スキルを磨けたと思うんだよ。赤西くんも含めてね。



うん、大丈夫♪ 信じてついて行くよ!
少々揺れは激しくても(笑)KAT-TUN号じゃないとダメなんだもん。
あなたたち6人じゃないとダメなんだもん!

「赤西くんも含めてね」・・・じゅんのの優しさが嬉しい。
で、実際じゅんのはそう感じてるんじゃないかな。


ね、どこまでもポジティブでしょ(笑)
だからファンのみんなにも安心してて欲しい。
まだまだこれからKAT-TUNはどんどん飛躍していくから!



このインタビューはドーム前だから・・・今年の5月くらい?
それからまる4ヶ月経ったけど、たった4ヶ月とは思えないな。
KAT-TUN的には、その間にドッカーンと大きな動きが
あったわけじゃないけど(仁担的には激震があったね 笑)
「飛躍」という言葉に相応しい進歩・進化を感じられる。
だからホント、安心してる!


こういう言い方をすると誤解されるかもしれないけど
「もしかしてこのまま赤西くんが戻ってこなくて
5人でずっと活動することになったとしても
しっかりやっていけるぐらいの実力をつけよう」という思いは
メンバーの中にあったかもしれない。
決して戻ってこなくてもいいやっていう意味じゃないよ。
あくまで6人のときと同じクオリティーの高さを保てるように
頑張ろうって意味でね。



その思いはしっかりと結実していると、私は思う。
の休業中は、複雑な思いで5人を見ることが多かったから
その進化やスキルアップを受け止めきれてなかったけど
が帰って来てから、6人でのパフォーマンスを見たときに
5人の落ち着きや余裕がハッキリと感じられて
本当に頼もしく感じたのを思いだす。
やっぱり、無駄なことなんて何にもないんだ。


じゅんのからファンへのメッセージ。

ファンのみんなにも、アイドルのKAT-TUNというよりも
生身の人間としての僕ら6人を応援してもらえたら嬉しい。
そして一緒にこれからのKAT-TUNを作り上げていってほしい。


どうしてこんなにこの6人に惹かれるんだろう・・・って考えたとき
歌って踊る姿や演じる姿の魅力も然ることながら
まさに「生身の人間としての」彼らの魅力がハンパないから
だからコイツらが好きなんだなー・・・って思う。


俺らにまったく興味をもってなければ 何も接点がないままで終わるところを
みんなが時間や労力をかけて応援してくれることで
その人の人生の中にKAT-TUNが存在できる。



じゅんのがそう考えてくれてることが、ファンとしてすごく嬉しい。
確かに。。。KAT-TUNは私の人生に大きく係わっている。

このブログも、KAT-TUNファン、仁ファンになってなかったら
こんなに続けていられなかったと思う。

そして。。。
KAT-TUNを、を応援してるからこそ出来た友だち。
普通に主婦をやっていたら、
住んでる地域も年齢もバラバラな友だちと知り合うことなんて
きっと無かったと思うから。


これから先も、どんなことが起きるか わからないけど
何があってもファンのみんなと一緒に歩んでいきたいし
共に刺激し合って成長できるような関係でいたいなと思ってます!


ありがとう、じゅんの
これからもよろしく!!



ジャニーズブログランキング参加中
いつも応援ありがとうございます


ジャニーズブログランキング

⇒WEB拍手
いつもパチパチありがとうございます☆☆☆


コメント

  1. ひろの | URL | BqEwgRj.

    KAT-TUN。

    生身ですよね。あたしもなぁんでこんなに好きなんだろって思ったら、それはKAT-TUNがアイドル~キラキラ~ってだけじゃなくて等身大の男の子だからズブズブと深くふかぁく嵌まっていっちゃったのかなぁて。まぁ確かに激しく揺れるけど。この船(笑)(^_^;)。
    仁君を好きにならなかったら出会わなかっただろうこのサイト&ハルカさん。はぁ。一緒に騒げる大好きな場所と大好きな人です(o^-^o)仁君好きになってよかったw

  2. mami | URL | -

    ほんとに・・・

    ここまでの人生を、ガラッと大きく変えてくれました。
    どんどん擦り切れて、家事手抜き、おしゃれ放棄になっていた自分!女・廃業でしたから。
    「赤西仁」がご縁でできた大事な大事なお友達に
    このパンフをプレゼントされました。
    何度も読み返し、この6人はすごいな、って最強のパワーをもらったものでした。
    今では、和んだり癒やされたり、時々萌えあがったり。
    ここにきて、人生色づきはじめちゃったv-238

  3. ハルカ@管理人 | URL | MDo56pwE

    ☆コメントありがとうございます☆


    ☆ひろのさん☆

    生身ですね。それも中身のギッチリ詰まった濃い生身。(なんじゃそれ;)
    だからこそ惹かれるし、飽きないし、愛が止まらない(笑)
    それから・・・告白ありがとう♪♪(照)
    私もひろのさん大好きよん・・・(〃▽〃)うひゃひゃ

    ----------------------------------------

    ☆mamiさん☆

    女を何年もやってると、擦り切れないでいる方が難しいですよね;
    そこを潤わせてくれる仁ってやっぱスゴイ男です☆
    それからこのパンフは、この先ずっと続いて行くであろう
    KAT-TUNの軌跡においても、重要なポイントとなると思います。
    本当に素晴らし過ぎる6人ですよね♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。